参列用コーディネート|モアナルアガーデンウェディング

参列用コーディネート

- 参列用コーディネート -

モアナルアガーデンでハワイ挙式をおこなう際、参列者のゲストの皆様の服装にドレスコードを作ってみませんか?
ゲストの負担になるのでは?と遠慮してしまう方もいらっしゃいますが、参列する方は自分たちも結婚式を盛り上げる役割があるのだと感じ、楽しんでくれるものです。モアナルアガーデンでのガーデンウェディングを、最高の思い出で彩りましょう。
また、ハワイ挙式にお呼ばれしたけれど、服装に悩んでいるという参列者様へのアドバイスもお伝えいたします。

ハワイだから、アロハシャツとムームー

ハワイの民族衣装。それが、アロハシャツとムームーです。ハワイでの礼装で、格式高いホテルでもこの服装で入店ができます。

アロハシャツ

華やかな柄が印象的なアロハシャツ。せっかくハワイ挙式で着用するのなら、パイナップルやヤシの木、ハイビスカスなどトロピカルなモチーフがハワイらしくおすすめです。ただし、アロハシャツにジーンズやショートパンツ、サンダルを合わせるのは少し待ってください。教会やチャペルで挙げるフォーマルウェディングにカジュアルな服装はNGです。アロハシャツは正装です。パンツは落ち着いた色合いのスラックスやチノパン、靴は皮靴がよいでしょう。

ムームー

ムームーとは、ハワイらしいモチーフがプリントされた布製のドレスです。袖があり、裾が長く、ウェストは絞めず、ゆったりとしたシルエットのワンピースが一般的。アメリカから上陸した宣教師が、上半身裸で過ごしていたハワイ女性たちにガウン風のドレスを着用させたのが始まりと言われています。その際、ハワイの気候にあわせて、袖や襟を短くしたのです。ムームーはハワイ語で、「短く切る」「切り取られたもの」と言う意味を持ちます。 さまざまなデザインや色柄がありますので、「ムームー」とドレスコードを指定すれば場が華やかになること間違いありません。

色をそろえてみる

参列者の皆様のドレスコードを「色」で縛ってみるのもおすすめです。「青」で統一すれば爽やかに。「ピンク」で統一すれば可愛らしく。「黄色」で統一すれば明るい印象に。一言で青と言っても、濃い青、淡い青、紫がかった青、緑っぽい青。さまざまな色がありますので、個性が出て楽しめます。

ハワイ挙式の参列者の服装マナー

ドレスコードがない場合、参列者の皆様も服装に悩まれることでしょう。日本とハワイでは、挙式時の服装のマナーが若干異なります。女性の正装では、「フォーマルドレス」「サマードレス」「ムームー」が基本。

フォーマルドレス

フォーマルドレスは、日本での結婚式の参列にも着ますので、持っている方がほとんどでしょう。せっかくのハワイ挙式ですので、「明るい色のドレス」で「薄手の生地を選ぶ」ことが大切です。
ハワイウェディングで、黒いドレスを着ては、何だか残念な印象となります。

サマードレス

ハワイ挙式に参列する際は、涼しげなドレスがおすすめ。サマードレスは、チューブトップやストラップなどのノースリーブが主流。スカート丈は長目となります。ただし、露出が多いデザインの場合は、羽織物で調整してください。

ムームー

上記でも紹介しましたムームーは、リゾートテイストがありとてもおすすめです。ですが、招待状に「ハワイアンスタイルで」などの記載がない場合は、ムームーを着て良いのか、西洋式のドレスが良いのか、悩みますよね。他のゲストとのバランスも気になるところ。新郎新婦に思い切って相談してみてはいかがでしょう。

参列衣装の購入は?

参列する際の衣装ですが、ハワイで購入すれば良いかなと思いがち。ですが、実際にハワイに行ってから購入しようとすると、時差ボケや焦りで好きなデザインの服を見つけられないまま当日を迎えることも。
せっかくハワイに行ったのに、衣装探しに時間を取られてしまうのも残念ですよね。
先に通販で購入して、ハワイでは自分たちが本当に見たいもの、体験したいものを楽しんでください。

リゾートファッションKAILAへのバナー

MORE